最近の作業スペース

TL;DR

  • 東京に戻ってきてから作業する場所がだいたい固まってきた
  • 基本的に KENRL HONGO とビズコンフォートのライトプランを使っている
  • 運動不足という以外はまあまあ良い環境になっているのではないか

東京に戻ってきてから早二ヶ月ほど経っていて作業場所も大体固まっている。 ちょっと遅くなってしまったが、今回のその作業場所についての日記である。

日々作業をする(だけではなくて更に言えば作業をしやすい)場所があるのはまあまあ重要で、現状それなりの満足度のところまできている。 基本的には KERNEL HONGO とビズコンフォートのライトプランでコワーキングスペースを使う、という感じだ。

前者に関してはあまり情報もなさそうだったので詳しく書こうと思ったのだが、規約としては書かない方が良さそうなので中について書くのは断念する。 施設を紹介するくらいなので担当者に聞けばいいよと言ってくれそうな気もするが、まあ書きたい気持ちが特にあるわけでもないのでいいや。

作業場所

できれば本郷でずっと作業をしていたい。 結構集中できる環境だし、本郷キャンパスが近くにあるので散歩コースとして充実しているのが大きなポイントだ。 色んなことに興味を持っている人がいるので、たまに雑談がてら技術的な話題について話せるのも良い気分転換になる。

ただし、家が遠い(結局本郷の近くで住める良い場所は見つからなかった)ので毎日電車で通うというのは無理だ。 というかそもそも毎日電車に乗るということが無理難題だ。

ということで電車に乗らないためにカプセルホテルに泊まっている。 そこに何日か滞在したら家に帰って洗濯などをするという生活だ。 上野あたりは安いカプセルホテルも多く、なかなか悪くない。 いくつか泊まった結果、サウナ&カプセルホテルダンディがベストだ、という結論に到ったが、何が良いかは後で詳しく書こう。

とはいえ毎回そういう行動を取れるとは限らない。 具体的に言えば、週末だとカプセルホテルの予約が取りづらかったり、予定が入っていて家の方が近いので家の近くで作業したいというような場合だ。

最初はカフェとかでいいかと思っていたが、WiFi が許容できないレベルだったり騒がしかったりで定常的に使うには厳しいと分かった。 そこでビズコンフォートのライトプランを契約している。 これは月2000円で東京各地や大阪にあるコワーキングスペースを月二日使えるプランで、二日目以降は一日1000円で使えるというものだ。

これが家の近くにあってなかなか悪くない。 場所的に散歩コースとしてはイケてないのが難点だが、作業をする分には十分許せるレベル。 今のところ月5,6日くらい使っていく感じで落ち着きそうな感じだ。

総合的にみて、作業環境としてはまあまあ良いものに落ち着いたのではないかと思う。 定期的に電車に乗らないといけないという責苦はあるが、社会の厳しさを知るためには必要なものなのだと思おう。

サウナ&カプセルホテルダンディ

上野近辺でいくつかのカプセルホテルを試した結果、ダンディが攻守最強だと理解した。

agoda で予約することで 2300 円以内で泊まることができ、広めの風呂も歯ブラシも髭剃りもタオルも寝間着も全て揃っている。 そして寝るカプセルも結構綺麗だ。 凄すぎるやんけ!

そして遅い時間にチェックインすることでカプセルのグレードを勝手にあげてくれたりもする。 運が良いと違う階のデラックスカプセルをアサインしてくれるのだ。 こういう安ホテルはグレードを上げると 文字通り劇的に治安が良くなったりするので面白い。

なんでわざわざカプセルホテルのことを書いてるのかというと、自分が結構好きだからである。 ストレスが溜まる面もあるが、カオスな感じが楽しい。

半裸で彷徨うおっさん、漫画的な腹のだらしなさを見せつけてくるおっさん、どう考えてもあえて最大ボリュームまで高めてくしゃみをするおっさん、およそ理解不能なほど歯磨きで血を流すおっさん、シャワーの使い方が下手でめちゃくちゃこっちにお湯をかけてくるおっさん、なぜかそう混んでもない風呂でめちゃくちゃ近くにくるおっさん(これはちょっと怖い)、おっさんのオールスターである。

そういえば就活の時もダンディ使ってて、その時は宿泊客じゃないチンピラが乱入してきて店員と喧嘩してたなぁ、などと思い出したりできるのも趣深い。

ちなみに実利的な面もあって、チェックアウト時間が定まっているので、朝起きて強制的に外に出て歩くことで覚醒して活動的になれる。

細かいことは置いておいて、ダンディ、なかなかやるじゃない。

現状の不満点

運動不足が一番の問題。 散歩はいいとして、やはり有酸素運動といくらかの筋トレはしたいという気持ちがある。

泊まるためだけにカプセルホテルを使っているので、ちょっとランニングしてシャワー浴びて作業に戻るとかは不可能だ。 筋トレとかストレッチは、自分の場合はまとまった時間でやるのではなく気分転換にちょっとやるのを何回もやる、というタイプなのでこれも作業場所にそういうスペースがないと無理なんだよなぁ。

この辺は仕方ないかなぁ、という気がしている。 再就職するタイミングで改善したいポイント、ということで。

あとは電車に乗らないといけないこと。 混んでる電車とか乗るだけで一気に擦り減るので、極力電車に乗らないようにせねばならない。 本郷近くに拠点を構えることができればこの問題は解決できたが、見つけられなかったので受け入れるしかないなと悟ることにした。

まあ不満はなくはないけど許容範囲かな、という結論。

まとめ

東京での作業スペースが大体固まって、KERNEL HONGO とビズコンフォート使っててなかなか悪くないよというお話。




Written on July 30, 2019